咬み心地も見た目も自然なのがインプラントの特長です

虫歯や歯周病、そして外傷などにより歯を失ってしまった場合の治療の選択肢は、おもに3種類あります。一つは、比較的少ない負担で着脱可能な技工物をつくれる「入れ歯治療」。もう一つは隣の歯を支台にして橋のように連なった人工歯を被せる「ブリッジ治療」。そして三つ目が、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込む「インプラント治療」です。

咬み心地も見た目も自然なのがインプラントの特長です

町田市の歯医者「大滝歯科医院」では、メリットの多い治療法として近年注目を集めているインプラント治療にも対応しております。連携している専門医が診察・検査・処置・メインテナンス(経過観察)までトータルに質の高い治療をご提供いたしますので、安心してお任せください。

しっかりと咬めるインプラント治療

しっかりと咬めるインプラント治療

インプラント治療は、歯があった場所の顎の骨に生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上部にセラミック製の人工歯を被せて歯の機能と見た目を補う治療のことです。チタン製の人工歯根が歯根のように顎の骨とがっちりと結合するため、入れ歯やブリッジよりも咬む力を回復させることが可能。さらにセラミックでできた歯冠が、治療したことがわからないほど自然な仕上がりを実現します。

インプラント治療のメリット・デメリット

総入れ歯とインプラントでお悩みの方へ

メリット デメリット
  • 見た目が自然で仕上がりが美しい
  • 咬み合わせが高いレベルで安定する
  • 失った歯の本数にかかわらず治療できる
  • 定期的なメインテナンスにより、長期的に安心して使用できる
  • 顎の骨が痩せにくい
  • 外科手術が必要になる
  • 治療期間が比較的長くかかる
  • 治療費用が比較的高額になる
  • 歯医者での定期的なメインテナンスが不可欠
  • 家庭での毎日のセルフケアも欠かせない

インプラント治療から人工歯装着までの流れ

STEP01 STEP02 STEP03
専用のドリルで顎の骨にインプラントを埋め込むための穴を開けます。 インプラントを正しく埋め込みます。 埋め込んだインプラントを歯肉で覆って縫合し、顎の骨とインプラントが安定するのを待ちます。
専用のドリルで顎の骨にインプラントを埋め込むための穴を開けます。 インプラントを正しく埋め込みます。 埋め込んだインプラントを歯肉で覆って縫合し、顎の骨とインプラントが安定するのを待ちます。
STEP04 STEP05 STEP06
3~6ヶ月の治癒期間を設けます。 インプラントが安定したら、人工歯との接続部分となるアバットメントを装着します。 アバットメントに人工歯を装着したら完了です。
3~6ヶ月の治癒期間を設けます。 インプラントが安定したら、人工歯との接続部分となるアバットメントを装着します。 アバットメントに人工歯を装着したら完了です。
  • 診療コンセプトと診療の流れ
  • 安心して治療を受けていただくために
  • 歯周病について
  • 歯周病について

総入れ歯とインプラントでお悩みの方へ

For each and every 一人ひとりに合わせた最善の歯科治療を

  • 歯が痛い・しみる 一般歯科治療
  • 歯がグラグラする 歯周病治療
  • 入れ歯が合わない 入れ歯治療
  • 自分の歯のように噛みたい インプラント治療
  • 最良の治療法とは 予防歯科治療
  • 銀歯のない笑顔に セラミック審美治療
  • 清潔感のあるお口元に 歯科ホワイトニング
  • 親知らずはお早めに 口腔外科治療

ページの先頭へ戻る